必要な丁寧さ

注射器

品川美容外科は2014年に顔のたるみをなくすフェイスリフトの施術を受けた患者たちから、後遺症として顔の痛みが残ったことや効果が感じられなかったとの理由から集団で訴訟を起こされました。 この提訴で大きなポイントとなるのは「事前にしっかりと説明を受け、リスク等を受け入れていたか」です。 整形手術は病気を治す手術ではないので、受けるか受けないかは自己責任となります。 そのため手術に対するメリットだけでなく、後遺症が残る可能性があること、必ずしも望んだ効果が得られるわけではないこと、効果が持続するのはどのくらいなのかなど、デメリットも理解しておく必要があります。 集団で訴訟を起こされましたが、病院側も患者側も、事前説明の大切さを改めて理解することができました。 現在品川美容外科では、以前よりも増して丁寧なカウンセリングを行っています。

自分が訴訟を起こす側にならないようにするためには、カウンセリングが大切です。 品川美容外科ではネットやメール経由での無料相談からはじまり、実際にクリニックに行って受けられるドクターの無料カウンセリングがあります。 ここでは施術のことだけでなくアフターケアや補償についてもしっかりと確認できます。 訴訟を起こした人たちの中には、このカウンセリングをおろそかにしてしまった人もいます。 整形手術には必ずリスクがあります。 そのリスクに対して品川美容外科がどう向き合っているのか、自分は受け入れることが出来るのかを施術前に確認しましょう。 丁寧なカウンセリングで理想の施術、もし万が一の場合でもそれを受け入れ、冷静に対策を考えることができます。